マイナーチェンジしました!

Posted by みやもん on 4月 20, 2017
未分類

風が強い日が続いたと思ったら、ここ青森県南部町でも桜の花がちらほらと咲き始めました。
世の中は、花見シーズンといったところでしょうか。
農機具業界は、春の繁忙期突入・・・。

本日は、御契約頂いていたisekiアグリの乗用草刈機ARM951/Kが入荷してきました!
20170420_153100[1]
そうこのARM951A。前のモデルはARM951。『A』がついて2万円くらいアップ。
ARM981、ARM881も同様です。
『また価格UP??最近価格UP多くないですか??』
なんて声が聞こえそうな感じがしますが、しっかり『価値』は上がっております!

先ずは、運転席。
20170420_153144[1]
ARM981からARM881まで、足元のデッキがフラットになりましたね。足の長いボクでも結構楽に座ってられます(笑)
まあ、足が長いかと言われれば・・・・ですが、一応身長は180cm有りますが今までの95、88シリーズだとやはり狭いんですよ!実は。
この辺は、刈馬王の方がやはり広かった・・・。チクスイは狭い。
20170420_153127[1]
そして、有りそうで無かったシートリクライニング。
この乗用草刈機、やはり操作が簡単なので、農家さんのお父さんも乗るし、お母さんも乗る。ついでに草刈りだけは、息子さんが手伝ってくれる(笑)
みなさん、体型が違いますから、この『リクライニング』機能は、十分価格UPの価値有りますね。
20170420_153120[1]
最後は、機械屋目線のワンポイント。
『副変速』
残念ながら、ARM881Aには搭載されませんでしたが、やっとARM951Aには搭載してくれました!
結構前のモデルには着いていたんです、『副変速』。そう、『兎』と『亀』
ある時を境に、98系にしか着かなくなりました。
『副変速意味有るんですか?HSTなのに・・・・・』
って思われるかもしれません。
初めて乗ったときは、ゆっくり刈るんです。みなさん。でもね、慣れてくるとね、全速力で刈ってますよね??結構、『キーキー』とHSTポンプ泣いてませんか??
やはりポンプにも無理が掛かっているという症状。
走行だけにエンジン出力を使っているならまだしも、草を刈るという作業にも動力を使っています。
やはり、HSTポンプを守る意味でも、『副変速』は、必要な機構だと僕は思います。

さあ、商品レビューはこのくらいにしておきます。
みなさんの草刈機の選ぶ参考になれば幸いです。

追伸  新しいモデルにちょっとした工夫が見えるとテンション上がります。
20170420_151809[1]
センターピン取り外し簡単になりまたよ!赤平さん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>




Copyright © 2011 株式会社 宮本農機